HOME > 活動ブログ > ライズ学園日記 > 小さなラブ&リー農園体験に行ってきました(ライズ学園日記)

小さなラブ&リー農園体験に行ってきました(ライズ学園日記)

2018年5月28日(月)☁くもり

糸永員偉(かずひで)さんが運営する 小さなラブ&リー農園 に行ってきました!
暑すぎず、雨も降らず、絶好の農園体験日和♪
みんなの最初の仕事は、事前学習で自分が選んだ野菜苗を購入することでした。


1つの野菜苗の中でも種類がありすぎて、選ぶのは大変。。と思いきや、
「自根苗(じこんなえ)」や「接木苗(つぎきなえ)」の違いについて学習してどちらを選ぶか決めたり、
どんな品種があるのか調べてあったりしたみんなは、楽しく時間通りに苗を選ぶことができました。


農園に到着して1番最初に目に入ったのは、厳重な囲いで覆われたイチゴ畑。
糸永さんが、ハクビシンなどの被害から一生懸命イチゴを守ってきた証です。
そんな貴重なイチゴ、収穫させてもらえました、本当に甘くておいしいイチゴでした。



ジャガイモやタマネギを、収穫して、運ぶ作業。


お土産用のジャガイモを、自主的に大・中・小にカテゴライズして、均等になるように分ける2人。


お昼の時間を見越して、早くから肉じゃが調理にとりかかるベテラン高校生。


おかげで、予定より1時間近くも早くから、昼食(野菜しゃぶしゃぶと肉じゃが)を開始することができました。
おいしいお野菜を食べながら、自然と「笑点」会話が始まるような、ゆったりとした和やかな時間。

農園は、いろんな虫さんと共生中。


自然観察も楽しんじゃおう。

午後は、待ちに待ったメイン作業。


「ライズ共同農園」の苗植えです。


ナス


キュウリ


パプリカ


オクラ


トマト(養生)


ピーマン(養生)

高校生の男子3名は、キュウリの支柱立てにも挑戦。
「見本を見ながら、自分たちだけで作ってごらん」と、
見本を作っておいて、材料だけ渡してくれる糸永さん。


達成感に満ち溢れる3人!かっこいい!


サツマイモの苗も植えました。


大きくなあれ(↑Rtaさん撮影写真)

成長を見守らせてください。
また来ます。
糸永さん、今回も本当にありがとうございました。