HOME > 活動ブログ > ライズ学園日記 > 絵画造形の時間の様子をお伝えします(ライズ学園日記)

絵画造形の時間の様子をお伝えします(ライズ学園日記)

金曜日の午前は絵画造形。

芸術家の平石さんと共に、木材等の加工から、墨絵、看板などを拵える時間です。

現在のコンセプトは廃木材アートで、廃木材を加工して芸術作品を作る企画を実行中。

今日は、鋸や彫刻刀、木工用ボンドなどを駆使して、其々、廃材から犬小屋や無人駅のジオラマ、ミニキャンバスの固定具、ダンボールを使ったコラージュなどを作成していました。

↑五月晴れの下、工作をするライズ学園員。

↑猛暑の中、作業をするライズ学園員。

↑完成した作品を披露するライズ学園員。

今月の頭から始まった廃木材アート工作。銘々の作業が進み、完成形が見えてきました。

しかし、全員の作品が完成するまでには、依然として時間を要するでしょう。

(文:ライズ学園生)