HOME > 活動ブログ > 森の教材館マナビィ > 「読み書き困難の疑似体験」の閲覧について

「読み書き困難の疑似体験」の閲覧について

毎年、先生方の夏休みの研修会にも大変好評いただいている「読み書き困難の疑似体験」ソフト(http://rise.gr.jp/manaby/revolve_kyouzai/kensyu)につきまして、
Microsoft®社の最新ブラウザ「Internet Explorer ®10」で開いた際に、画面が灰色になってしまって閲覧ができないことが判明いたしました。

読み書き困難の疑似体験
「読み書き困難の疑似体験」
好評公開中(無料)

回避策を、下記にご案内いたします。
お手数をおかけいたしますが、今後とも先生方や保護者の皆様の学びに広くご利用いただけますようお願いいたします。
ご不明な点等ございましたら下記よりお問い合わせください。

【回避策】
<インターネットで閲覧する場合>

下記どちらかの方法でご覧ください。
 ————————–
1.互換表示でご覧いただく

「Internet Explorer ®」で画面左上 URLが表示されているバーの中に、「互換表示」のアイコンがありますので、こちらをクリックしてください。

 ————————–
2.他のブラウザでご覧いただく

「Google chrome®」など、「Internet Explorer ®」ではないブラウザで開いてください。


 ————————–

<CDから閲覧する場合>

下記の手順でご覧ください。
————————–
1.CDを起動させる前に、「InternetExplorer®10」を立ち上げ、上部のメニューバーから、[ツール]-[互換表示設定]を選択します。
※メニューバーが表示されていないときは、「Alt」キーを押すとメニューバーが表示されます。

2. 「互換表示設定」画面が表示されるので、[すべてのWebサイトを互換表示で表示する]または[互換表示ですべてのWebサイトを表示する]にチェックを付けて、[閉じる]をクリックします。その後、CDを起動させてご覧ください。

 ————————–

 【お問い合わせ】