HOME > いばらきマナビィ・ネット > いばらきの「子育てDo(どう)?」プロジェクト > いばらきの「子育てどう?」プロジェクトとは

net
kosodate_do_logo

いばらきの「子育てどう?」プロジェクトとは

 子ども達を取り巻く環境が大きく変化し、いじめ・体罰など、国内では様々な問題が取り沙汰されています。
 茨城県は、豊かな自然環境や農産物など、子育てにも大変恵まれた環境です。にも関わらず、魅力度調査では47都道府県中47位といった報告もあります。茨城県民として、私たちに何かできることはないのでしょうか。
 私たちは、このような環境の中で、少なからず不安や迷いを感じながら一生懸命に子育てをしている方たちと一緒にこそ、何かができるのではないか、と思っています。
 子育て真っ最中の方々が、「どうせ~だから、仕方ない」「~のせいで~できない」「子育てはこうあらねばならない」といった考え方から脱し、“いま”の茨城の子育てを、みんなで考え、みんなで良くしていこうという気持ちと行動を起こせたら、未来の茨城はもっと生き生きとしてくるのではないでしょうか。
 
 私たちは、「子育てどう?」から始まる共感と協働の輪をつくるために、facebook・Webサイトへの記事投稿と対面でのヒアリングを重ねながら、主に子育て中の皆さんと、たくさん交流していきたいと思います。皆さんのご参加を心からお待ちしています。

2013年3月

いばらきの子育てDo(どう)?プロジェクト実行委員会
(NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所 担当 松井由佳・NPO法人水戸子どもの劇場 横須賀聡子・常磐大学教授 池田幸也)

*本プロジェクトは、NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所が中心となり、主に2012年度~2013年度パルシステム助成金にて運営されています。