HOME > 活動ブログ > ライズ学園日記 > ハロウィンパーティー

ハロウィンパーティー

10月31日はハロウィンの日、そこでライズ学園でもライズタイムとして「ハロウィンパーティー」を行いました。

この日の為にみんなで事前にオブジェを作り、教室内をハロウィン仕様に飾り付け、

満を持してのパーティーです。

スタッフ含め数人は、仮装をしての参加です。

魔女、大魔女、マッドハッター、ドラキュラ伯爵と、いつもとは違った姿にみんなで盛り上がったところで

クイズの始まりです。

日本でも徐々に定着しつつあるハロウィンですが、ハロウィンに関することは意外と知らないもの。

例えば、いつ、どこで始まったのか?

かぼちゃちょうちんにはどんな意味があるのか?

そもそもどんな意味があるのか?

などなど。

4つある選択肢から「これ」というものを選んで・・・

自分の選んだ番号がコールされると挙手します。

そんなクイズのなかから一つご紹介です。

Q1・日本語でハロウィンは何というか?

1・復活祭

2・万聖節前夜祭

3・聖霊降臨祭

4・収穫感謝祭

さて、みなさんはどれだと思いますか?

答えは・・・・・・・



2でした!

こんな風に10のクイズに答えます。

外れるとがっかり・・・ですが、当るとガッツポーズや歓声が!

知らなかったことにふれて驚いたり納得したりのクイズでした。

それが終わるとジェスチャーゲームですがその前に・・・

これからジェスチャーするものの絵を皆で見ます。

魔女、クロネコ、カラス、魔法使い、こうもり、ミイラ、棺おけ、墓場、フランケンシュタイン、火の玉、魔法の杖、お化け屋敷などなど・・・

さて、全部見たところでゲーム開始です。

2チームに分かれて、順番に、それぞれ引いたカードの絵柄をジェスチャーで伝えます。

おしゃべり禁止なので体の動きだけで他の人に分かってもらわなければなりません。

絵柄のポーズをまねたり、その動物特有の動作をしてみたり、それぞれ工夫して伝えます。

魔女やミイラ、カラスなどにみんなでしばし変身の後・・・

2チーム同点だったので、どうするか検討したところ・・・

最後はスタッフのジェスチャーを早く当てたほうに得点が入ることにしました。

さてひいたカードは「棺おけ」

難しいカードでしたが、静かに寝転がったスタッフを見て、いくつかの単語に混じって「棺おけ!」の声が上がり、勝敗がつきました。

勝敗が決まったところで最後は、これぞハロウィンの決まり文句、

Trick or Treat!

といってお菓子をもらいます。

勝ったチームの人から順番に並んで

Trick or Treat!

かわいらしく袋詰めされたお菓子をもらって皆も嬉しそうです。

これでライズ学園のハロウィンパーティーはおしまいですが・・・・・

その後も一部の人は衣装を変えて仮装ごっこの続きをしたり、一緒にゲームをしたりと楽しげな雰囲気でフリータイムを楽しみました。

今年もハロウィンパーティーは大盛況!

みなさんのハロウィンはいかがでしたか?