HOME > 活動ブログ > 東日本大震災被災地の子ども達のための支援プロジェクト > 東松島市立宮戸小学校さんに花苗をお届けしました(被災地支援活動)

東松島市立宮戸小学校さんに花苗をお届けしました(被災地支援活動)

震災以来続けている「書き損じハガキを集めて東日本大震災被災地の子ども達に“花苗”を送ろう」プロジェクト。
この春、宮城県東松島市立宮戸小学校さんに花苗をお届けしました。

花苗は、尾形園芸さんからお届けいただきました。
尾形園芸さんには、震災以来花苗支援にご協力いただいております。
尾形園芸さんのホームページでも、本プロジェクトを報告してくださっています。地元で生活していらっしゃる方から見た現状も報告してくださっています。)

卒業式で飾るサイネリアと、花をプランターに植える授業用にはプランターと培養土とペチュニアをお届けしました。

宮戸小学校さんは高台にあり、大きな津波被害は及ばなかったものの、高台の少ない宮戸地区は、仮設住宅を小学校の校庭に建設しました。
写真は校舎玄関ですが、この反対側には一面仮設住宅の校庭が広がっています。「行ってきま~す」と家を出たら、もう目の前が学校なのです。

震災以来、宮戸小学校さんには花苗以外にも文房具や掃除用具等を支援させていただきました。
一昨年、昨年と学校を訪問し、先生とお話しする機会をいただいていますが、不便な状況でも宮戸小学校の子ども達は元気いっぱいにがんばっていますとおっしゃっていらっしゃいました。
 
子ども達だけでなく宮戸地区の皆さんが、花を見て一時でもホッとすることができたら…と思います。