HOME > 活動ブログ > お知らせ

お知らせ

生活クラブ千葉さん 2月企画で寄付付き製品が販売されます!

すべての子どもが未来に夢と希望を持てる社会に!

12月に引き続き、公益財団法人ちばのWA地域づくり基金さんのご協力のもと、生活クラブ千葉さんで「英単語カレンダー2019年4月スタート版」、「ABC英語れんしゅうちょう」、「ひらがなれんしゅうちょう」を取り扱っていただけることになりました。

ちばのWA地域づくり基金さんでも今回の取り組みを紹介して下さっています。


★ 組合員さんの手元には、2/11-2/15の週にこのチラシが届きます。

ちばのWA地域づくり基金さんでは、千葉県内の地域課題とその解決に取り組む公益活動を「見える化」し、みんなで資源を持ち寄り、生かし、みんなで解決する仕組みをつくることで、だれもが安心して暮らせる地域社会づくりに取り組んでいらっしゃいます。

生活クラブ千葉さんを通じて、教材の売上のうち35%がちばのWA地域づくり基金さんの『子どもの今と未来を支える基金』に寄付され、千葉県内の子どもを支える活動に助成されます。
これまでにこの基金を通じて、9事業に助成を行われたそうです。

地域のみんなで子どもを支えるってとても素敵ですよね。ライズ学園も谷田部の商店街のみなさんに見守られながら、日々活動をしています。
「子どもは地域で育てる」、そんな活動が広がっていくことを応援したいと思います。

ちばのWA地域づくり基金さんの活動の様子はHPをご覧ください。


生活クラブ茨城さん 2月企画で寄付付き製品が販売されます!

すべての子どもが未来に夢と希望を持てる社会に!
~生活クラブ茨城×リヴォルヴ学校教育研究所~

リヴォルヴでは、2015年から寄付付製品販売事業に取り組み始めました。

● 独自の工夫を凝らした教材の普及により、LD等への理解を深め、読み書き障害・困難の回避、軽減を果たしたい
● 教材の販売によって得られた収益の一部を、市民活動基金を通じ、子育て・子育ち支援活動に生かしたい
との思いがあったからです。

この取り組みに賛同してくださる生協さんが少しずつ増えてきました。

今年度、ライズ学園保護者・組合員さんを通じて、生活クラブ茨城さんも趣旨に賛同してくださり、企画につなげることができました。

2月4回企画(申込期間:2/18~2/23 配達:3/11~15)で「英単語カレンダー」と「ABC英語れんしゅうちょう」「ひらがなれんしゅうちょう」を取り扱っていただいています。

☆ 上記チラシの白黒版が、組合員さんのお手元に届きます!

地域を大切にし、社会的問題の解決を市民とともに図ろうとする生協さんだからこそできる取り組みだと思います。
組合員の皆さま、チラシを見つけたら、手に取ってご覧くださいね!

2018年度 英語ワークショップ 申込受付中です!

 

「英単語カレンダー」「ABC英語れんしゅうちょう」の開発者 小野村 哲 が教える 
英語ワークショップ  申込受付中 です!

今回は、対象と場所を変えて 2つの講座を用意しました。
定員になり次第締め切りますので、お早めのご予約をお願いします!

★詳細・お申込みはこちらから↓↓↓
http://rise.gr.jp/event/eigokouza_2018

==========================

・12月22日(水戸会場)は、「英語のまなび方・おしえ方」と題し、
中高生、もう一度英語を学び直したいという方などを対象に、
より多くの方向けの講座になります。





==========================

・1月12日(つくば会場)は、
「小中高の連携をスムーズにし、苦手を防ぐ~入門期英語指導のWhatとHow~ 」と題し、
小中高校や塾等で英語を指導されている方などを対象した
支援者向けの講座になります。

==========================

★詳細・お申込みはこちらから↓↓↓
http://rise.gr.jp/event/eigokouza_2018

==========================

ご予約をお待ちしています♪

生活クラブ東京さん 12月企画で寄付付き商品が販売されます!

すべての子どもが未来に夢と希望を持てる社会に!
~生活クラブ東京×リヴォルヴ学校教育研究所~

★注文期間は終了いたしました。ご注文ありがとうございました★

リヴォルヴでは、2015年から寄付付商品販売事業に取り組み始めました。そこには、
● 独自の工夫を凝らした教材の普及により、LD等への理解を深め、読み書き障害・困難の回避、軽減を果たしたい
● 教材の販売によって得られた収益の一部を、市民活動基金を通じ、子育て・子育ち支援活動に生かしたい
との思いがあったからです。

この取り組みに賛同してくださる生協さんが少しずつ増えてきました。

生活クラブ東京さんも趣旨に賛同してくださり、2017年度からリヴォルヴの商品を取り扱ってくださっています。
そして、今年度も12月1回企画(申込期間:11/26~11/30.配達:12/10~14)で「英単語カレンダー」と「ABC英語れんしゅうちょう」を取り扱っていただけることになりました。*注)デポーでの取り組みはありません。
生活クラブ東京さんを通じて、教材の売上のうち30%が子育て支援に取り組む団体に寄付されます。

☆ このチラシが、組合員さんのお手元に届きます!

2017年度には305,514円の寄付が集まり、首都圏サポートネットワークさんに全額寄付されました。
取り組みの詳細は、生活クラブ東京さんのホームページでご紹介されています。詳細はこちらから

生活クラブ東京さんのホームページ

パルシステム茨城 栃木さん 12月企画で寄付付き商品が販売されます!

街を!子どもたちを元気に!
~パルシステム茨城 栃木×リヴォルヴ学校教育研究所×いばらき未来基金~

★注文期間は終了いたしました。ご注文ありがとうございました★

 牛のキャラクター〝こんせんくん”でおなじみの生活協同組合パルシステム茨城 栃木さんの12月1回企画で、今年も「英単語カレンダー」と「ABC英語れんしゅうちょう」を取り扱っていただけることになりました。

リヴォルヴの商品をパルシステム茨城 栃木さんで販売していただき、その売り上げの30%が茨城の地域基金である「いばらき未来基金」に寄付されるプロジェクトです。


☆ このチラシが、11月19日~ 組合員さんのお手元に届きます!

パルシステム茨城 栃木さんでは、2015年から寄付商品の販売にご協力をいただいています。
今年6月には「ひらがなれんしゅうちょう」と「ひらがなえほん」を取り扱いいただき、合計242点、48,491円が寄付されました。
★ 2018年6月3回の企画・寄付金贈呈の様子はこちらから

寄付金は「いばらき未来基金」を通して、“生活困窮家庭の児童生徒の学習支援活動”などに役立てられています。

地域を大切にし、社会的問題の解決を市民とともに図ろうとする生協さんだからこそできる取り組みだと思います。
チラシを見つけたら、手に取ってご覧くださいね!

パルシステム茨城 栃木さんのホームページ

いばらき未来基金さんのホームページ

アイラブつくばまちづくり表彰式&フォーラムに参加してきました

本日は、アイラブつくばまちづくり表彰式&フォーラムに参加してきました。

昨年度、徳田太郎氏を講師にお招きして行った「子どもを支えるチームづくり講座~連携のためのファシリテーション」において、アイラブつくばまちづくり補助金を使わせていただいた実践に、実践団体証をいただきました。


後ろからすぎてよく撮れてませんが(^^;)
五十嵐市長から 当団体事務局長 北村 に賞状が授与されている瞬間の写真。

地域の他団体の発表もとても興味深いものでした。

フォーラムでは、日本のNPO/NGO・市民活動マネジメント、協働化に先駆的な役割を果たされ、今なお毎日全国に引っ張りだこの川北 秀人氏 《IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]代表者》の貴重な講演を聴講。

数字を多用した説得力のある資料と、参加者を巻き込みながらの飽きさせない語り口に、たくさんの知見とアイディアをいただいて帰ってきました!
つくば市の団体と言えば、ということで、「リヴォルヴ」の名前も真っ先に挙げてくださり、すでにご存知でいてくれました。

つくば市のことをしっかり調べてくださった興味深い資料が、下記ブログにもあがってます。
http://blog.canpan.info/dede/archive/1295

「判断の材料」を共有して、担い手をつくる。
会議の前の資料づくりも本当に大事な仕事なんですよね。

リヴォルヴも今後、どういう方向に進めばいいか、いまみんなで考えているところです。
今の子どもたちの未来。つくばの2030年代。誰が何して稼いでいるといいのか。そんな視点も交えながら、話をしていけたらと思いました。
(スタッフ松井)

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン ご協力ありがとうございました

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンでいただいたギフトカードで、
ライズ学園の活動に必要な物品を購入させていただきました!

黄色いレシートをリヴォルヴのボックスに入れてくださった皆さま、店頭活動にがんばってくださったライズ保護者の皆さま、ありがとうございました。
物品は子どもたちと大切に使わせてもらいます。

本日は11日★イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンにご協力を。

=============================


リヴォルヴ学校教育研究所では、イオンモールつくば店(つくば市稲岡66-1)にて、幸せの黄色いレシートキャンペーンに参加しています。毎月11日、イオンモールつくば店にてお買い物をしたレシートを、リヴォルヴ学校教育研究所のボックスに入れていただくと、レシートの1%の金額が団体の活動に還元されます。

=============================

アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル 12/9(日)に開催決定


昨年・一昨年に引き続き、
今年度も 12月9日(日)
「アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2018」が開催されます。

リヴォルヴ学校教育研究所も運営に参加しています。

みなさまぜひお運びください。

———————————————————–

★詳細・お申込みはこちら★
(今後アップデートされていきます)

http://www.npo-edge.jp/educate/apdf/

————————————————————

○日本語版 予告チラシのダウンロードは こちら から ( PDF 647kb)
●英語版 予告チラシのダウンロードは こちら から  ( PDF 560kb)

ライズ学園オープンスクールのお知らせ

今年度もライズ学園オープンスクールを実施することになりました。
子ども達が畑で育てたジャガイモ、農園体験で植えた夏野菜を使って調理実習を行う様子をご覧いただき、その後説明会を行います。
参加をご希望の方は、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。

※このオープンスクールは、主に保護者・教育関係者等を対象としたものです。登園希望の方もご参加いただけますが、個別で見学をご希望の場合は、別途お問合せください。

1 目 的

ライズ学園の活動に対して広く外部に意見を求め、活動の質を高めるとともに、周囲の学校等教育機関との連携を強化する。

2 日 程
平成30年7月25日(水) 13:15~15:30 調理実習の様子を公開後、説明会

3 場 所
市民ホールやたべ調理室 / 視聴覚室(茨城県つくば市谷田部4711番地)
★説明会実施場所を変更いたしました(2018.7.22)★
 調理実習の様子を調理室でご覧いただき、その後、同建物内にある視聴覚室にてライズ学園の説明・懇談を行います。ご希望の方には、説明会終了後ライズ学園をご案内いたします。

4 内 容
ライズ学園の活動見学(30分程度)およびライズ学園についての説明会

5 参加対象及び定員
保護者、および小・中学校に勤務する教職員ならびにスクールカウンセラー等 10名程度

6 参加費  無料

7 その他
参加をご希望の方は、下記の申込用紙に必要事項を記入の上、NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所事務所まで、FAXまたはメールにてお申込みください。FAX、メールのない方は電話でも受付いたします。

オープンスクール参加申し込み書(PDF)
・メールでのお申し込みはこちらから
お問い合わせの種別は「ライズ学園」を選択し、題名に「オープンスクール参加希望」とお書きください。

パルシステム茨城 6月企画で取り扱いが決定!(注文は終了いたしました)

街を!子どもたちを元気に!
~いばらき未来基金×パルシステム茨城×リヴォルヴ学校教育研究所~

★6月15日で注文期間が終了しております。ご注文ありがとうございました★

牛のキャラクター〝こんせんくん”でおなじみの生活協同組合パルシステム茨城さんの6月3回企画で、「ひらがなれんしゅうちょう」と「ひらがなえほん1」を取り扱っていただけることになりました。
リヴォルヴの商品をパルシステム茨城さんで販売していただき、その売り上げの30%が茨城の地域基金である「いばらき未来基金」に寄付されるプロジェクトです。



☆ このチラシが、6月4日~ 組合員さんのお手元に届きます!
「ひらがなれんしゅうちょう」・「ひらがなえほん1」の中身はこちらからご覧いただけます♪

パルシステム茨城さんでは、2015年から寄付商品の販売にご協力をいただいています。
毎年、6月にはひらがな教材、12月には英語教材を取り扱っていただいています。
寄付金は「いばらき未来基金」を通して、“生活困窮家庭の児童生徒の学習支援活動”などに役立てられています。
★ 2017年12月の企画・寄付金贈呈の様子はこちらから

地域を大切にし、社会的問題の解決を市民とともに図ろうとする生協さんだからこそできる取り組みだと思います。
チラシを見つけたら、手に取ってご覧くださいね!

パルシステム茨城さんのホームページ

いばらき未来基金さんのホームページ

1 / 812345...最後 »