HOME > 活動ブログ > オノムの英語の学び方・教え方

オノムの英語の学び方・教え方

2018年度 英語ワークショップ 申込受付中です!

 

「英単語カレンダー」「ABC英語れんしゅうちょう」の開発者 小野村 哲 が教える 
英語ワークショップ  申込受付中 です!

今回は、対象と場所を変えて 2つの講座を用意しました。
定員になり次第締め切りますので、お早めのご予約をお願いします!

★詳細・お申込みはこちらから↓↓↓
http://rise.gr.jp/event/eigokouza_2018

==========================

・12月22日(水戸会場)は、「英語のまなび方・おしえ方」と題し、
中高生、もう一度英語を学び直したいという方などを対象に、
より多くの方向けの講座になります。





==========================

・1月12日(つくば会場)は、
「小中高の連携をスムーズにし、苦手を防ぐ~入門期英語指導のWhatとHow~ 」と題し、
小中高校や塾等で英語を指導されている方などを対象した
支援者向けの講座になります。

==========================

★詳細・お申込みはこちらから↓↓↓
http://rise.gr.jp/event/eigokouza_2018

==========================

ご予約をお待ちしています♪

今年度も英語講座を開催いたします 

今年度も英語講座を開催いたいます。

 

12月22日(水戸会場)は、「英語のまなび方・おしえ方」と題し、英語教育に関心のある方、中高生、もう一度英語を学び直したいという方などを対象に、より多くの方向けの講座になります。
1月12日(つくば会場)は、「小中高の連携をスムーズにし、苦手を防ぐ~入門期英語指導のWhatとHow~ 」と題し、小中高校や塾等で英語を指導されている方などを対象にとした支援者向けの講座になります。

予告チラシはこちらから

 内容詳細や申し込み方法については、ホームページにて順次ご案内をしてまいります。


 

新商品の販売を開始しました

お待たせいたしました!
本日3月1日より、下記2点 発売を開始いたしました!

「よめる かける ABC英語れんしゅうちょう【第2版】」
「2018年4月スタート版 英単語カレンダー」

生活クラブ東京さん、パルシステム千葉さん、生活クラブ千葉さんでもお取り扱いいただきました。
皆さまの新学期、新生活に、ぜひご活用ください♪

『よめる かける ABC英語れんしゅうちょう【第2版】』 『2018年4月スタート版 英単語カレンダー』


『2018年1月スタート版 英単語カレンダー』の予約販売開始!

 

英単語カレンダー 2018年1月スタート版 の 予約販売を開始いたしました!
(お届けは、11月上旬以降となります)
新年からの学習に、ぜひご活用ください♪
今年は、専用WEBサイトから読み上げ音声を聞くことのできるサービス(無料)を準備中です!

 

「英単語ってこんなに簡単だったんだ!」

2018年1月スタート版カレンダー、予約販売を開始しました!
(※お届けは11月上旬以降となります。)

最新の研究成果を盛り込んだ、まさに「目からウロコ」のカレンダーです。

中高校生にプレゼントすれば、感謝されること間違いなし!
新年からもう一度勉強し直したいというあなたにもぴったり!

入門編では jet – yet – yen – pen – pin – win – witなど基本となる語から練習を始めます。
これらの語を、「読める」ではなく、速く正確に読めるようにすることが苦手を防ぐポイント!

初級編では end – lend – blend / bank – blank – blanket

中級編では 語根 pend:ぶら下げる ( = p + end ) を含む pendant – depend -independent などから練習を始めます。

pen:ペン と end:終わり が読み書きできれば、
pendant:ペンダント ⇔ pend:下げる + ant:もの は簡単!

pendant といっしょに覚えれば、
depend:頼る ⇔ de:下に + pend:ぶらさがる や
independent:独立した ⇔ in:~ない + depend:頼る + ent も簡単です。

●見開きA3 中綴じタイプ
●語数 365単語×3コース(入門・初・中級 +関連語
●付録 単語一覧、クルクル回して覚える回転英単語カード
●日付 2018年1月1日-2018年12月31日分
●定価 1,200円(税込)

@認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所 2017

Amazonからも購入できます!


英単語アプリ「カン単CAN単」の使い方イラスト入りプリント をアップしました♪

リヴォルヴ学校教育所の精鋭スタッフチームが送る、
リヴォルヴ教材の使い方をイラスト入りプリントにしてしまうプロジェクト成果第一弾!

今回は、無料英単語アプリ「カン単CAN単」の紹介となります♪
GWにダウンロードしてやってみる方は こちら から

『2017年4月スタート版 英単語カレンダー』の予約販売開始!

英単語カレンダー 2017年4月スタート版 の 予約販売を開始いたしました!(お届けは、3月15日以降となります)
新学期の学習、学び直しにぜひご活用ください♪

「英単語ってこんなに簡単だったんだ!」

2017年4月スタート版カレンダーの予約受付を開始しました!
最新の研究成果を盛り込んだ、まさに「目からウロコ」のカレンダーです。

新学期、中高校生にプレゼントすれば、感謝されること間違いなし!
新年度、もう一度勉強し直したいというあなたにもぴったり!


入門編では jet – yet – yen – pen – pin – win – witなど基本となる語から練習を始めます。

これらの語を、「読める」ではなく、速く正確に読めるようにすることが苦手を防ぐポイント!


初級編では end – lend – blend / bank – blank – blanket

中級編では 語根 pend:ぶら下げる ( = p + end ) を含む pendant – depend -independent などから練習を始めます。


pen:ペン と end:終わり が読み書きできれば、

pendant:ペンダント ⇔ pend:下げる + ant:もの は簡単!

pendant といっしょに覚えれば、

depend:頼る ⇔ de:下に + pend:ぶらさがる や

independent:独立した ⇔ in:~ない + depend:頼る + ent も簡単です。

↑画像をクリックすると中身が一部見られます。

●見開きA3 中綴じタイプ
●語数 365単語×3コース(入門・初・中級 +関連語
●付録 単語一覧、クルクル回して覚える回転英単語カード
●日付 2017年4月1日-2017年3月31日分
●定価 1,200円(税込)

=@認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所 2017
——————————-

Amazonからも購入できます!

『2017年1月スタート版 英単語カレンダー』の発売開始!

2017年1月スタート版 英単語カレンダーの販売を開始いたしました!
小学生のお子さんから大学受験生、シルバー世代まで、家族みんなで学べる英単語カレンダーです。

 私達は毎日、たくさんの英単語にふれています。   

 「音の足し算・引き算」に慣れるなど基本さえ押さえれば、5,000語くらいの英単語を身につけることはさほど難しいことではありません。

 まずは次の語を読んでみてください。

 pan:平なべ → plan:計画 → plant:植物

 pan に l を加えたら plan
 plan に t を加えたら plant

 pan は‘ frying pan:フライパン ’
 plant は‘ planter:プランター ’でもおなじみです。


 このカレンダーの特長は、「気づき」をうながし「学び取る力」を伸ばす「単語配列」にあります。  

 もう、丸暗記は必要ありません。 365単語×3コース の語を身につけたら、ほとんどどんな単語もすらすら覚えられるようになります。

Ⓒ 認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所 2017
——————————-
★チラシダウンロードは こちら から(PDF・A4 2枚)

↑画像をクリックすると中身が一部見られます。

●見開きA3 中綴じタイプ・単語一覧 付
●2017年1月1日-2017年12月31日分
●定価 1,200円(税込)

Amazonからも購入できます!

『2017年1月スタート版 英単語カレンダー』Amazonにて先行予約販売開始!

 10月も終わりに近づき、空気も冷たくなってきました。 
 リヴォルヴ学校教育研究所では、今年も『2017年1月スタート版 英単語カレンダー』 を制作中です! 
 表紙デザインが決定いたしましたので、Amazonにて、先行予約販売を開始いたしました。
 入門・初級・中級 3コースがセットになったカレンダーは、小学生から大人まで、ご家族みんなでお使いいただけます。 
 新年を機に、1日1単語の英単語学習を始めませんか?   

 『RISE English Course 2017年1月スタート版英単語カレンダー 入門・初・中級合冊版』
見開きA3版 2017年1月~2018年12月分
価格 1,200円(税込)

つくば市民大学主催講座「子どもを見る~支援の手立てを考えよう」第2回からのご参加もお待ちしております


 リヴォルヴ学校教育研究所では、つくば市民大学さん主催の下記講座に講師として参加いたします。
 第1回は修了いたしました。本講座は、全3回の受講を前提として設計されていますので、3回を通して受講されることをおすすめしますが、ご都合のつく回のみの受講も可能です。

イベントタイトル 日時・場所 その他

 

つくば市民大学企画講座
『子どもを見る ~支援の手立てを考えよう~』

2016年8月20日(土) 13:30~16:00
■第1回「見る」ということを考える 終了いたしました
 

2016年10月23日(日) 13:30~16:00
■第2回「具体的な手立て」を考える

2017年1月7日(土)     13:30~16:00
■第3回「ロールプレイ」で学ぶ

*上記いずれも会場は、つくば市民大学(つくば市東新井15-2ろうきんつくばビル5F)




詳細ページ
*つくば市民大学さんのページにジャンプします

チラシはこちら

教育ワークショップ2016 終了しました

 
 教育ワークショップ2016「不登校の心に寄り添い 育ち・学びを支えるために」を無事に終了しました。
 これまでの企画講座の中では最少人数での決行となりましたが、アットホームな雰囲気で、それぞれのニーズに合わせて学びあうことができました!

 写真は、第二部 ワークショップ「不登校について考えよう」の様子です。
 
 
 ①不登校の何が問題?What
 「学習が遅れてしまう」「生活が不規則になる」「人との関わりが少なくなる」「偏食が進んでしまう」…?→そもそもそれは問題か?の検討

 もしそれが問題だとして、

 ②なぜそれは問題?Why
 ③何をしたらよいか?What
 ④なぜそれを行うのか?Why

 を1つ1つきちんと検討すること、を学びました。

 
 ロールプレイでは、
 「机に足を乗せて授業を聞いている子」
 「学校に行くと言っていたのに朝起きてこない子」について、
 上記手法を使って声がけを考えました。

 皆さん演技が真に迫っていて、どう感じたか、どう考えたか、どう見たか を率直に意見交換されていました。スタッフも聞いていてとても勉強になりました。

 他にも、ライズ学園の実践についてのご報告をしたり、
 具体的な学びの支援ポイントについて、‍疑似体験を交えながらお話させていただきました。


 総合司会は、ライズ学園在園生保護者のHさん。
 本講座の広報にも、保護者の皆さんにたくさんご協力いただきました。

——————————————————————————-
 <参加者の皆様からいただいた感想(一部抜粋)>

 ・ロールプレイをして初めて子どもの気持ちになれて、自分がしていたことは逆効果であることに気づくことができました。わかったつもりではなく、原因を考えて対策を考えられるようにしたいです。
 ・自分の行っていた支援を見直したり、子どもの気持ちを考えたりする良い機会となりました。
——————————————————————————-

 今後も皆さまとともに企画し学びあう機会をつくっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

1 / 512345