HOME > 活動ブログ > ライズ学園日記

ライズ学園日記

今年度最後のスポーツ(ライズ学園日記)

NPO法人 NextOne の 河田コーチ、井上コーチとともに、今年度最後のスポーツの様子です。


今年度最後の種目は「アルティメット」。
フライングディスクを使って、仲間とのパスをつなげながら、ゴールにつなげるスポーツです。
最初はキャッチ・フライングディスク。2人1組で、ディスクを投げたり受けたりする感覚をつかみます。

今日は早めに試合へ移行。

チーム分け。コーチ同志の全力じゃんけん。何事も真剣勝負のコーチたち!


ボールかコートか。子どもたちも真剣じゃんけん。ボクシングの構えにて。

そして試合開始!
~試合中はスタッフも転げるほど全力で参加したため、写真は撮影できていません~
試合終了!
全員参加、全員ナイスプレイで締めくくることができました。

とここで、コーチたちから最後にサプライズが。

1人ひとりの名前と1年間の活動種目表が入った修了証書、そして金メダルのプレゼント!


コーチたちが、音楽を流して表彰式をしてくれました。
みんながとっても嬉しそうで、スタッフも涙しそうになりました。


この日最後の活動日だった大学院生スタッフの平野さんにもサプライズ。

エアボール、体力テスト計測、キャッチバレーボール、エスキーテニス、ダブルダッチ、スペーシングベースボール、ジャッジメントベースボール、アドバンスベースボール、バドミントン、スポおに合戦、アルティメット。1年間の活動種目一覧を見て、いろいろな楽しい思い出が蘇ります。

いつも子どもたちをよく待ってくれて、1人ひとりにきめ細やかな配慮と明るい声がけをしてくれる素敵なコーチ陣。
子どもたちとスタッフを元気にしてくれる存在です。
今年度もお世話になりました。来年度もよろしくお願いします♪

絵画造形 直近作品集(ライズ学園日記)

久々の 絵画造形作品集です♪


毎週金曜日、デザイナー平石哲さんといっしょに、子どもたちが絵画造形の時間を楽しんできました。

何か素晴らしい作品を作り上げることが目的ではなくて、
子どもたちがものづくりのプロセスを楽しむこと、
主体的にモノやヒトと関われること、
を大切にしている平石さん。
それぞれの参加の仕方、みんな違ってみんないい!

————————————————
【紙パレットに直(じか)絵の具】

筆は使わずチューブから絵の具を絞り出して、直接 紙パレットの上にのせてみる。
紙パレットが水をはじくので、水っぽい絵の具を使うと水玉模様ができやすかったり、水分少なめの絵の具をたっぷり出すと油絵のようになったり。
何かを具体的にイメージして書いたり、書いてるうちにイメージしたり。

————————————————
【コーヒーの残りかすでアート】

捨ててしまうときにちょっともったいないかなって感じるものは、アートに活用することもできる。という視点でもって、今回の素材はコーヒーの残りかす。
じーっと見ていると何かが見えてくるような気がしませんか?
子どもたち、濃淡や立体感を工夫しました★

筑波山登山(ライズ学園日記)

ライズ学園毎年恒例の筑波山登山に行ってきました。
筑波山は霧模様。雨が降るかもしれない予報でしたが、決行!


これから登りま~す♪



険しい道も、ぬかるみ危険な道も、みんなで声を掛け合いながら。


こちら、高校生R君による写真。
人物ではなく別のものに焦点をあてる、という手法もあるそうで、春を待つ冬の筑波山を感じさせるショットになってます!自然の空気もたっぷり感じてきました。

高校生R君とY君は、
登山をしながら詳細にカメラの設定を変えて、みんなの様子を撮影してくれました。
2人が撮影した写真、ここでアップさせてもらってます。
登山するだけでも大変なのに、すごい。

他の子ども達も、まずは頑張って最後まで登りきるぞ、という意欲を持って、
全体を見られる余裕ができた子はそれぞれが自分の役割を果たしながら、しかも楽しみながら、
最後までまとまって登りきることができました!


女体山頂。濃すぎる霧でまったく下界が見えない中、貸し切り空間で達成感を味わいました。


男体山頂、ケーブルカー乗り場の上にある展望台からの景色も、もちろん不明瞭。
直下で見守ってくれているY君を発見。「おーい!」「はーい!」


ケーブルカーにて下山。あっという間(*_*;


筑波山神社。おみくじの結果はみんなでシェア。
それぞれの解釈を聞いて、良いほうに良いほうに考える。

今年も無事に登山ができたことに感謝。
来年度も、みんなが持っている宝物が輝いていきますように。

即席ビリヤード!(ライズ学園日記)

今日のフリータイムで高校生Y君が手作りした、即席ビリヤード台です!

レゴブロックで壁とゲートをつくるアイディアがすごい。
ビー玉を打つスティックも、もちろん手作り!


やってみたら楽しい~。
しばらくみんなでハマりそうです。

地域に感謝を込めて~落ち葉掃き~(ライズ学園日記)

ライズ学園は、谷田部の商店街の一角にあります。
近くには、市の体育館やグラウンド、図書館や調理室もあって(なんと以前はプールもありました!)、活動をするにはとても便利なところです。
毎週スポーツの行き帰りには、“赤レンガ道”と呼んでいる「千歳通り」を通ります。この通りをワイワイおしゃべりしながら歩くのです(^^)

そして、毎年秋になると、この千歳通りの落ち葉掃きをしています。
「ライズ学園の活動を見守ってくれている谷田部の人たちへ、感謝の気持ち込めてお掃除のお手伝いをしよう!」と、先輩達が始めた活動。
それから代々、ライズに伝わっている秋の恒例行事なのです。

 掃除道具をもって、いざ!

   
千歳通りに着くと、高校生がどこから取り掛かるかをみんなに説明。
それを聞いたみんなは、それぞれ自分の場所を決めて履き始めました。
なんとテキパキとした行動!!

 
集めた落ち葉を運びます。「重くないの?」と聞くと「ぜんぜん!!」との返事が。

 
この日は、1時間で40Lゴミ袋5つ分の落ち葉を掃きました。
袋に落ち葉をギュウギュウに詰めこんだので、履いた落ち葉の量はこの袋の何倍分にもなりました。

 
重い袋を手分けしてもって教室へ。


寒い日でしたが、みんなでおしゃべりしながらだと、あっという間でした。

谷田部商店街のみなさま、いつもありがとうございます<m(__)m>

そして、この落ち葉の行く先は・・・



稲刈りに行ってきました(ライズ学園日記)

9月16日 NPO法人 自然生クラブさんが実施している稲刈り行事に、ライズ学園として参加してきました!
5月に田植えをした田んぼが、一面 黄金色になっていていつも感慨深いのですが、今回もイノシシの痕跡が多く、
ライズが植えた田んぼの稲も半分くらいなぎ倒されてしまっていて。それでも残っている貴重な稲を、一生懸命刈り取りました。


after  稲刈り↑↑ (なぎ倒されてしまった稲はそのままに)

beforeと稲刈り中の写真は、Hくんお父さんにお任せしました~


おだがけ。この風景を見ると、暑い中頑張った甲斐があります。





昼食後は平沢官衙遺跡へ。
みんなが楽しみにしていたライズ野球大会を決行~
お父さんお母さんスタッフも総出!


筑波山をバックにパチリ☆

いい汗かきました~(現在筋肉痛中のスタッフ松井)

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン ご協力ありがとうございました

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンでいただいたギフトカードで、
ライズ学園の活動に必要な物品を購入させていただきました!

黄色いレシートをリヴォルヴのボックスに入れてくださった皆さま、店頭活動にがんばってくださったライズ保護者の皆さま、ありがとうございました。
物品は子どもたちと大切に使わせてもらいます。

本日は11日★イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンにご協力を。

=============================


リヴォルヴ学校教育研究所では、イオンモールつくば店(つくば市稲岡66-1)にて、幸せの黄色いレシートキャンペーンに参加しています。毎月11日、イオンモールつくば店にてお買い物をしたレシートを、リヴォルヴ学校教育研究所のボックスに入れていただくと、レシートの1%の金額が団体の活動に還元されます。

=============================

収穫野菜の調理実習をしました(ライズ学園日記)

2018年7月25日


じゃじゃーん♪
見てください、このラインナップ。

調理実習のこの日のために、農園主の糸永さんが収穫して届けてくださった野菜たちと、松代の畑でY君親子とスタッフが収穫してくれたジャガイモ。
朝からみんなで感嘆!

今日はこれらの野菜を使って、下記メニューを作りました。メニューは話し合いで事前に決めました。
======================
・ハッシュドポテト
・ピーマンとナスの肉詰め
・野菜のディップサラダ
======================

調理中~~スタッフが写真を撮っている余裕がなくて、みんなの写真がありません。。ごめんなさい。~~

そして…

できあがった料理です!!



糸永さんをお呼びして、梅ジュースのプレゼント。
農作業の合間に飲んでくださいね。

7月末の調理実習は1つの区切り。4月からの1学期間を振り返る機会となります。
毎年のことながら、自然と支えてくれる人に感謝する1日。

オープンスクールも同時に行われ、無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

==============
ライズ学園は、8月1日~8月31日まで夏季休業期間となります。
また9月からよろしくお願いいたします!

小さなラブ&リー農園に行ってきました(ライズ学園日記)

2018年7月18日(水)☀晴れ

糸永員偉(かずひで)さんが運営する 小さなラブ&リー農園 に行ってきました!
猛暑日となってしまいましたが、「なるべく日陰でゆったりプラン」に変更して、無事に実施できました。


まずは何といってもライズ共同農園!
みんながそれぞれ購入して植えた苗が育って、収穫できるまでになりました~。


真っ赤なパプリカと、つやつやしたオクラ。
「オクラってこんな風に生えてるんだねぇ」


キュウリとミニトマト


星型とハート型に育ててもらったキュウリ。糸永さんのサプライズです☆


日よけの下で野菜カレーづくり。ジャガイモをまるごと入れたところに、オリジナリティが光ってます♪

スタッフのHさんが切ってくれているのはもちろんスイカ!
糸永さんが東日本大震災発生当時から続けている活動、福島県浪江町にも届けられる貴重なスイカは、甘くておいしかったです。


こちらは初参加のS君と糸永さんによる竹加工の様子。
のこぎりで竹を切って…


切った竹を立てて真ん中をナタでたたく。


竹が真っ二つにキレイに割れた瞬間!!


おかげで流しそうめんができました♪


見ているだけで涼しい~。
野菜カレーと混ぜてカレーそうめんもできる。


トマトもブルーベリーも流しちゃおう。


午後の草取り作業は中止。
となりましたが、やるなと言われるとやりたくなってしまうという高校生2名。
少ーしだけ草取り作業。

その後はずっと休憩。


日なた・地熱の影響もありますが、午後には温度計が40度近くを記録(*_*)
今年の夏の異常気象には、自然の脅威を感じますね。

ライズの子どもたちは、たくさんのお野菜だけでなく、達成感と開放感をお土産にして帰りました。
糸永さん、この夏も本当にありがとうございました。

絵画造形の時間の様子をお伝えします(ライズ学園日記)

金曜日の午前は絵画造形。

芸術家の平石さんと共に、木材等の加工から、墨絵、看板などを拵える時間です。

現在のコンセプトは廃木材アートで、廃木材を加工して芸術作品を作る企画を実行中。

今日は、鋸や彫刻刀、木工用ボンドなどを駆使して、其々、廃材から犬小屋や無人駅のジオラマ、ミニキャンバスの固定具、ダンボールを使ったコラージュなどを作成していました。

↑五月晴れの下、工作をするライズ学園員。

↑猛暑の中、作業をするライズ学園員。

↑完成した作品を披露するライズ学園員。

今月の頭から始まった廃木材アート工作。銘々の作業が進み、完成形が見えてきました。

しかし、全員の作品が完成するまでには、依然として時間を要するでしょう。

(文:ライズ学園生)