HOME > 活動ブログ > ライズ学園日記

ライズ学園日記

そば打ち体験をしました!~カルチャー教室~

2012年11月7日

今日は、カルチャー教室で、そば打ち体験をしました.

協力してくださったのは、谷田部商店街の ”すし割烹 内藤” さん!
以前、こどもたちがご主人(以下 内藤さん)に挨拶をしたことがきっかけで、ライズ学園の活動に力をかしていただけることになりました。
本当に本当にありがたいことです・・!
子ども達には、内藤さんのご厚意でそば打ちをやらせていただくことを話していたので、みんな「おはようございます。今日はよろしくお願いします!」と元気に挨拶をしていました。

子ども達の中には、経験者もいればはじめての子もいましたが、内藤さんの指導のもと作業をすすめました。

まずは、そば粉をふるいにかける作業です。 丁寧にふるっていきます。

そして、ふるったそば粉に水を少しづつ加えて、練っていく作業。
内藤さんのパワフルな指示のもと、子ども達は真剣に練っていきます。
「なんか腰がいたくなってきた。」などと言いながらも、手を止めることなく熱中して作業をしていました。。
手のひらで円を描くように練っていくと、すこしづつ塊になっていきました。
子ども達同志でローテーションしながら練っていくと、ついに丸い大きな塊になり、完成!

次は、棒で伸ばす作業です。 これが難しい!

  
均等に広げていくために、棒を転がす方向や 力のいれかたを調整しなければなりません。
みんな真剣な表情で、ゆっくり丁寧に広げていきます。
「そんなに力をいれなくていい!」「いいぞ!その調子!」 内藤さんの威勢のいい声がけと 適確なサポートのもと、大きく広げることができました!

最後は、包丁で切っていく作業。
内藤さんが手際よく折りたたんでいき(内藤さん曰く 作業はとにかく早くすることが肝心!)、いざ!

   
みんな真剣な表情で、集中して、包丁をおろしていきます。
高校生の男の子、小学生の男の子が率先して切ってくれました。みんなとても上手でした。
なんだかできそう!と思い、スタッフも切らせてもらいましたが、あれれ!?見るとやるとでは大違い!
包丁をまっすぐ下ろすのも、細く切るのもとても難しいのですよ!!
あらためて 子ども達、すごいなあ・・と感じました。
仕上げに内藤さんが切ってくださり、完成! やはり、プロの包丁さばきはすばらしいです。

てんぷらの盛り合わせまで用意していただき、豪華な食卓です。
みんなでテーブルを囲んで 「いただきます!」

 
もりもり食べる子どもたち。
「おいしいね」 「細めんと太めんでは、味がちがう!」 「わさびもおいしい.からいけど甘味がある!」
などとおしゃべりに花を咲かせながらも、どんどん箸がすすむ子どもたちでした。特に、子どもたちばかりのテーブルは、
ゆであがったおそばがすぐに売り切れるほどでした(^^)
子どもたちがあまりに猛スピードで食べるものだから、内藤さん おもわず・・ 「おいおい、そんなに急いで食べるなよ!まだあるんだから!」とおっしゃっていました。
どっと笑いが起き、「だっておいしいんだもん★」と笑う子どもたちでした。
4回もゆでていただきましたが、残さずいただきました。 とてもおいしかったです!

 
食後のトークタイム。元気でパワフルな内藤さん。 話がはずみ、これもまた楽しいひとときでした。

内藤さん、本当にありがとうございました!!!

食後は、旧谷田部庁舎周辺のゴミ拾いをしました。
中学生Kさんからの 「ゴミがたくさん落ちているから、ゴミ拾いをしたい」という提案がきっかけでした。
ゴミは落ちていないかと探しながら歩くと、思った以上にたくさんゴミが落ちていました。
子どもたちは、作業がすすむにつれてどんどん真剣になっていき、植木の中や建物の裏など、すみずみまで清掃していました。
ビン・缶などいろいろな種類のゴミが大量にあつまりました。
最後は、種類ごとに分別して作業を終えました。「なんかカブトムシのにおいがする(汗)」などといいながらも、最後まで丁寧に分別して、作業をやりとおしました。

ゴミをかついで歩く帰り道はみんなできれいにした道。すがすがしい気分でした。

このような活動を通して、お世話になっている地域の方々に、少しでも恩返しをしていけたら・・と思います!

内藤さん、谷田部商店街の皆様、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

11月25日つくばリサイクルマーケットに参加します~ライズ学園~

今年度も子ども達からマーケットへの参加の声が上がり、参加することといたしました。
売り上げはライズ学園の子ども達が取り組んでいる被災地支援活動やライズ学園運営に役立てたいと思います。
お近くの皆様、是非お運びください!!

 
昨年のバザーの様子。大きな声で売り子をつとめてくれました(^^)

日時:11月25日(日)雨天中止 開店 10:00 ~ 閉店 14:00
場所:つくば市中央公園 水のひろば (水上レストハウス前):茨城県つくば市吾妻2-7-5
主催:つくばリサイクルを推進する会

☆ライズ学園の子ども達や保護者の皆様に、スタッフとしてのお手伝い、品物の提供などご協力をお願いしております。詳細はお問い合わせください。
☆在園生・OBの親同士の情報交換の機会にもなりますので、お時間のある方は是非ご参加ください!






ライズタイム「無人島サバイバル シミュレーションゲーム」~ライズ学園日記~

2012年9月19日(水)

本日のライズタイムのお題は、
「無人島サバイバル シミュレーションゲーム~極限の状態で、人は何を選ぶのか~」
(サブタイトルはKSさんが考えてくれました!)

これまで、災害時に「自分の身を守る」ためのワークをしてきたみんなですが、今回は少し視点を変えて、自分の頭で考えたことを伝え、相手の意見も尊重しながら一つの結論を出すワークに挑戦。こういう力は、災害時に助け合うためにもとても大事なこと。また、災害準備グッズを考える足がかりにもなるはずです。

というわけで、スタートしたライズタイムの様子をご報告いたします。


「ライズのみんなで船旅に出かけました。
ところが途中、嵐におそわれ、みんなは無人島に流れ着きました。
船はあと10分で沈んでしまいます。
島には食べ物と水はありますが、他には何もありません。
島で生き抜いていくため、脱出するためには、いったいどんなものが必要でしょうか。
船から5つだけ物を運んでくることができるとしたら、あなたは何を運んできますか?」

司会の大嶋さんが、無人島のイメージを見せながらストーリーを語りだすと、みんなぞくぞくと前に集まってきて、真剣な顔つきに。

ワークシートを使い、最初に個人で考えた後、3グループに分かれて話し合いをしました。
話し合いで大切にしたいことは・・

①自分の意見をしっかりもち、相手に伝えよう
②自分と異なる意見も否定せず、うけとめよう

 
グループで話し合うときは、どの子も意見がいいやすいように、各アイテムのカードを使って、必要なもの(Needs)とあればいいもの(Wants)に分ける作業をしました。
どれをNeedsに、どれをWantsにするかで、どのグループもたくさんの意見が出ていました。

  「時計」  ・・・ 「日が昇ったら起きてお腹がすいたら食べて、暗くなったら寝ればいいんだから、いらない!」
  「マッチ」 ・・・ 「魚などを調理する時や、暖をとる時につかえるから絶対に必要。」「発煙したら救助信号にもなるよ!」 
  「鉛筆」・・・「たくさんの鉛筆をマッチみたいに並べてSOSを作る!」
  「鍋」・・・「いろんなものを入れて持ち運んだり、頭を守るためにも使えるよ!」
  「ナイフ」・・・「木をけずって食器が作れる!」
  「裁縫道具」・・・「森の中で狩りをしているときに大事なところが破けたら大変!」

 などなど・・ 

子ども達からどんどん意見がでてきて、それぞれがしっかり無人島ゲームに入り込み、考えていることに感動しました。

ただ、一人ひとりがしっかり自分の意見をもっているがゆえに、異なる意見をもつメンバーと一つの意見にまとめることに
苦労しているグループもありました。  Aグループは、「薬はNeedsでしょ!」「いやいや、無人島で人がいないんだからウィルスはないでしょ、Wantsでいいよ」・・ Needs を5個にしぼることが難しく、6個になってしまうようでした。

白熱の議論は、”自分の意見をしっかりもち、相手に伝えよう” を、皆がしっかりできている証拠ですね。
スタッフはあまり口出しせずに、見守っていました。   
すると終了5分前に、年長者のKSくんが、1歩ゆずって意見がまとまりました。
グループ全体のことを考え、他のメンバーの意見を取り入れたKSくんの姿に、びっくりしたとともに大きな成長を感じました。

最後は、各グループの発表をしました。
どの子も、自分のグループだけでなく、他のグループの発表を真剣に聞いていました。
グループに補佐役として入っていたスタッフにも、子ども達それぞれの素晴しかった点を発表してもらいました。







みんなで意見を一つにまとめるってとても難しいことですよね 1人ひとりが自分の意見を大切にしているとなおさら・・。
意見をまとめるためには、他の人の意見を受け入れたりなどの”ゆずりあい”が必要になります。
しかし、そういった結論はあえて子ども達には前もって告げずに、ワークをスタートしました。
まずは、子ども達にまかせよう!やってみてうまくいかなかったら、みんなで振り返りの反省をして、次回につなげればいい!と思っていたからです。

だから、KSくんのような”ゆずりあい”の行動が、自然に子ども達からでてきたことには、感動しました。
そして、見習わなければ・・と強く思いました。 大人が一番できていないかもしれませんね・・

そして、どの子も他のメンバーに気をつかいすぎることなく、自分の意見を主張できていたのは、みんなの人間関係が良いからだと思います。

また、機会をみつけてやりましょうね!

今年も100本のクリスマスツリーがやってきました~ライズ学園~

残暑が続く中、今年もつくばの名物”100本のクリスマスツリー応募”の季節がやってきました。
「お~、そんな時期か!」
「まだ暑いのに・・・。もう冬の話?!」

ライズ学園の子ども達と相談し、今年も応募することにしました。
そこで、絵画造形の時間にみんなで話し合いをすることに。

テーマツリー部門は「○○のためのクリスマスツリー」。
○○にあてはまる言葉を考えて、それをツリーで表現します。

子ども達からは色々な意見がでました。
「ペットのためのクリスマスツリー」←(自分が飼っているペットに感謝をこめて作る)
「ひとのためのクリスマスツリー」←(すべての人に感謝し、その感謝をこめて作る)
「あなたのためのクリスマスツリー」←(ツリーを見てくれたすべての人に贈るツリー)
「幸せのためのクリスマスツリー」←(ささやかな幸せを飾るツリー)
「楽しくなるクリスマスツリー」
←(震災やつくばの竜巻からの復興はまだまだ。復興を続けるには、暗い気持ちでなくて明るい気持ちじゃなくちゃ。そのために楽しいツリーを作る)
「ずっこけ3人組のためのツリー」、「くるまのためのツリー」、「シャーロピアンのためのツリー」←(自分が好きなものを飾るツリー)

・・・などなど、アイディアが。

沢山でたタイトル案を一つにまとめた結果・・・

「楽しくなるためのクリスマスツリー」になりました!!
作る人も、見る人も楽しくなるようなツリーです。
自分の好きなものを飾って楽しくなったり、誰かを思ってワクワクしながら飾りを作ったり、ツリーを見た人が楽しくなったり・・・と、みんなのアイディアをすべて盛り込んだツリーです。

10月にはイーアスつくばで、応募した作品を展示する「原画展」が行われ、それを見た人の投票により当選が決まります。
ライズ学園のみんなの原画も紹介されますので、是非お運びください!!

カルチャー教室「屋外硬式テニス教室」が行われました〜ライズ学園日記〜

今日は、NPO法人「ミラクルスポーツ・キングダム」さんからコーチをお招きして、屋外硬式テニス教室が行われました。

 「うちで壁とお母さんとテニスしてる!」「初めてテニスやりたい!」「前にやったことあるけどずっとやってない!」かねてからそんな声が聞こえていたので、みんなにとってはお待ちかねのカルチャー教室です。

朝から雨が降って少し不安定な空模様。
みんな「できるかなあ」と心配していましたが、無事に開始。
途中で通り雨が降るハプニングもありましたが、そのあとはカンカン照りのお天気で、1時間半、テニスを楽しむことができました。

初めはみんないっしょに、ラケットの持ち方から振り方、ボールの扱い方、打つ練習をしていきました。
 
ラケットの上でボールを「50回」弾ませるプログラムから、次々と「できたー!」「次は?」という声が。

最初からやる気まんまんのみんなに、コーチも驚いていました。

  
休み時間も和気あいあい。


「手で書いたような空!」by SK
その他の入道雲もなかなかの迫力でした。

   
後半に初級者コースと上級者コースを選んでもらったら、ほとんどの子が迷わず上級者コースに!思い切りボールを打って、完全燃焼しましたー。

 
もちろん初級者コースも頑張りました♪
何かができるようになるのは嬉しいことですね。

 次回は9月24日(月)です。
 ミラクルスポーツ・キングダムのコーチ、ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

メディア掲載ページをアップしました!

 リヴォルヴ学校教育研究所の活動や教材は、これまで様々なメディアに取り上げられてきました。
 これまでの記録の一部をまとめて、皆様にご覧いただけるようにいたしましたので、ぜひご覧ください!

 メディア掲載ページはこちらから

救急救命実習~ライズ学園~

つくば市南消防署で、カルチャー教室として「救命救急実習」を体験しました。


緊張しながらも、すぐに慣れた男子チーム。
みんなで声をかけあい、まるで救急隊員のようにすばやく確実な救命措置!消防署の方も感心しきりで、拍手を繰り返していました。

 
スタッフも同じ立場で学ぶ実習。みんながスタッフに的確なアドバイスをしてくれていました。
本当に頼りになる男子チーム。


女子チームも負けてはいません。
AEDの使い方を学び、本番さながらの声のかけあいと確実な救命措置で、体力がいる心臓マッサージの繰り返しにも、疲れた顔も見せず真剣に取り組みました。


最後は、5人の選抜メンバーによる、デパートで倒れている人を発見したというシミュレーションでの実習。
1分23秒でAEDを装着完了!もう立派な救急隊員です。

文句なしの全員合格で、修了証をいただけることになりました。
消防署の方にも大変褒められました。

大切な人の命を、どんなときでも見過ごさずに守る。そんな心構えと自信がついた実習だったのではないでしょうか。
みんなの真剣な取り組みと素晴しいチームワークに、スタッフもとても感動した1日でした。

フリータイム「すいかわり」~ライズ学園~

今日は、小さなラブ&リー農園の糸永さんにいただいたスイカを使ってスイカ割りをしました。
スイカ割りがあることを知らないで登園したYKさんは「やった~。スイカ大好き!」
午前中の授業を終え、お昼ご飯を食べた後、ブルーシートや包丁、お皿などを準備しました。
すいか割りをするために午後から登園したKTさんも加わり、何やらにぎやかな雰囲気です。


ライズ学園の下にある駐車場にスイカをセッティングしてスイカ割りのスタートです。

こちらはスタッフのNさん。

回されて

回されて

さらに回されて・・・


へろへろになりながら進む。
そっちはダミーのボールだよ~。

その後次々にみんなが挑戦するも・・・
       
全滅。
「すいかが固すぎる!!」

というわけで、


目隠しをとって、目も回さずに、全力ですいかにアタックすることに。
小学生代表KT君。何度もアタックしましたがなかなか割れないので中学生にバトンタッチです。

 
中学生YKちゃんが半分割ってくれました!

 
最後はやっぱり頼みの高校生KS君!


すいかとともに棒も割れました。

最後はみんなでおいしくいただきました。
糸永さんから、「先日みんなにとってもらったすいかを、被災地の仮設住宅に届けて喜んでもらいました」との報告も届きました。

ライズ2012年の夏の思い出となりました。

「小さなラブ&リー農園」体験~ライズタイム~

今年度、リヴォルヴ学校教育研究所の会員さんでもある糸永員偉さんの「小さなラブ&リー農園」で
いろいろな体験をさせていただくことになりました。
今日は記念すべきその第1回目。

行きの車の中では、
今日行く場所がどんなところかなぁとうきうきしているようで、にぎやかに話をしながら向かいます。

「小さなラブ&リー農園」に着くと糸永さんが待ってくれていました。
農園では、ライズ学園の子どもたちのために、日よけがついた休憩所を用意してくれていました。
お心遣いありがとうございます。

日よけつき青空教室で、まずは糸永さんとお話。
ライズ学園の子どもたちひとりひとりとスタッフの名前が書かれた糸永さんの手作りプリントで予定を確認したあと
「なぜ、この農園を作ったのか。」糸永さんが活動している「すいかボランティア」のお話を聞きます。

農園を作るのは糸永さんの小さい頃からの夢で、それをひとつひとつ小さな目標に変えて達成してきたことで今があるんだそうです。今日の活動を通して、具体的に「農園をつくる」イメージがわいて、将来作ることになる人もいるかもしれませんね✩

東日本大震災のあと、「自分に何ができるか」を動きながら考えて、できることを無理のない範囲で継続するために、小さなラブ&リー農園でできたすいかを被災地の仮設住宅の方たちに届ける活動を始めた糸永さん。ちょうど明日、被災地にすいかを持っていく予定とのことで、みんなはそのすいかの収穫もお願いされました!

農園では、レタス・きゃべつ・人参・インゲン・とうもろこし・トマト・ピーマン・なすなど、
糸永さんが丹精込めてつくられた無農薬野菜を収穫させていただきました。

野菜をとりながら、
農園のあちらこちらで、にぎやかな声があがります。
野菜のすきまから虫が飛びだしてきて、
「虫だ!」と驚いて後ろにぴょーんと飛んだSAさん。
とうもろこしの収穫をしていたYKさんは、
友だちのKTさんにとり方を上手に教えてくれていました。

野菜を収穫しながら、糸永さんのすすめでとれたての野菜をがぶり!
とうもろこしを食べたYSさんは「甘い~。」「自然のおしいさだね。」と満足げな顔。
人参も生で食べる事に挑戦!
みんなでかじりました。

「種まき」もさせていただきました。
みんな丁寧に種をまけていました。

収穫の時期が楽しみです。

最後は、農園でとれたスイカを使ってスイカ割りです。
「こっちこっち!」「もっと右!」「そこ!」「そこじゃない!」など
みんなで協力してKSさんをスイカまで案内することができました。

自然の中でみんないきいきしていて、とても充実した一日になりました。
ひとつひとつのことをとても丁寧に準備してくださり、糸永さんの人柄があふれた農園・農業体験でした。
このような貴重な経験をさせてくださった糸永さん、本当にありがとうございます。

ライズタイム「災害の際の避難経路を確認しよう」

今日のライズタイムでは、災害(地震)の際にライズから避難するという想定でいろいろな活動をしました。

まずは、「どんなときに避難をするのか?」ということを考えます。
①ライズの天井が落ちてきたとき(建物が半壊したとき)
②火事が起こったとき
③暗くて寒いのに電気がとまったとき(ライフラインが途切れたとき)
④ガス漏れしたとき

 みんなのたくましい想像力により、以上4点にまとまりました。

次に、東日本大震災、阪神淡路大震災や新潟中越地震の際の屋外の様子をとらえた写真画像を見ました。実際に画像を見ると、いろいろなものが上から崩れてきていて、足の踏み場もないほどの道の画像もありました。

では、屋外に避難するとなったら、2次災害にあわないために、どんなものを持っていったらいいのでしょうか。いろいろ考えられますが、今回は1番大事な頭を守るものにしぼって、ライズの中にあるものの中から各自探してみることに。集まったものがこちらです↓↓↓

大きいクリアファイル、発砲スチロールの箱、大きな辞書や辞典、かさなどが勢ぞろい。コピー機まで持ってきた子も・・・。これはよっぽど力持ちでないと難しいかな。


↑これから避難経路として歩く道の最初の部分を写真画像で見て、考えてから、いざ避難。

ライズでは、谷田部グラウンドを第一避難場所、谷田部体育館を第二避難場所と考えています。避難経路は、いつも体育館やグラウンドに向かう道です。ところどころ皆で立ち止まって、危険ポイントを確認。

「このへんは、余震の合間になるべく急いで進んだほうがいいよね」
「ここも危険だから写真撮っておこうよ」
「自動販売機も危ないんだってね」
「こっちの道はやめたほうがいい」
上下左右、全体を見渡しながら、みんなよく考えていました。


グラウンドに着く前に、橋を渡らなければなりません。
「この橋が壊れていたらどうする?」とスタッフが聞くと、
「別の橋を渡れば?」「この橋が壊れてたら別の橋も危険じゃない?」「泳いで渡る?」「うーん、余計危なそうな川だ。」「ワープする?」いろいろな意見が。
「橋が壊れていたら、無理に渡るのはやめて、その手前の体育館に避難したほうが安全かな」という話になりました。

 
グラウンドに着いたら一息ついて、危険ポイントを確認したあとは、10分だけフリータイム!
10分だけなのに、野球やお話、写真撮影などで、密度の濃い時間を過ごすことのできたみんなでした。

具体的に自分ごととして考えた「避難」という事態。
ないことを祈りますが、もし万が一そのような事態が起こっても、ライズのみんながそれぞれの命を守ることができればと思います。
おうちの人ともよく確認をしておいてくださいね!